きもの FASHION 大岡

きもの大岡がセレクトした、キモノ・和装小物・着付け小物をネット展開しております。また、オリジナルで制作した軽装作り帯、刺繍仕立て衿、小紋足袋など、別誂えにもアンテナを広げています。

美しいキモノ姿。和装の着こなしをより快適に「しとや華」の和装インナー


きもの大岡から新商品入荷のお知らせ!


新・和装インナー ”しとや華”

和装の着こなしをより快適に、美しく
人気の和装インナーをよりよく改良しました。



和装をきれいに着るためのインナーです。


胸元を補整するオリジナルパッドを開発。
取り外し可能なパッドポケット仕様でパッドのズレを解消。


素肌にレースが触れないこだわりの縫製。
素肌に触れる見生地の素材は「綿」高混率ストレッチ素材。
ボディの向きに合わせて快適にフィット。


意匠登録取得済の着物の襟を思わせるデザイン
襟向きに合わせて着物を着用すると襟合わせも失敗なし。



商品改良ポイント


パットがずり落ちる → 取り外し可能なオリジナルパッド
            パッドポケット仕様でズレを解消!


レースの肌あたりが気になる → 縫い目が肌に当たらない「中縫い」仕様
                 素肌にレース端が触れない縫製仕様


脇がゆるい → 伸度の少ない綿素材を使用し脇のサポート効果をプラス。


ネームが肌に当たる → 素肌に触れる違和感がない外側縫製を採用。


肩に食い込みやすい → 肩幅を広く設計し、肩の負担を軽減。


丈が中途半端 → 着物着用時にごろつきのないジャストサイズに。


伸縮性のない綿レース → 光沢感のある落下版レースを使用。日本製。


伸びが少ない → 伸び感の改良。高伸度設計で快適にフィット。



S~3Lまでの豊富なサイズ


カラー ホワイト


品質 綿・ポリウレタン・その他


価格 S~LL \5300  3L \6300


ぜひお手持ちの従来品と着比べてみてください!


着物をより快適に楽しんで頂ける和装インナーです!




風神雷神の柄、綿シャンタンチーフ・48cm角。風神雷神はもともと千手観音の眷属神(神の使者)であり、古き時代から尊敬されてきました

チーフ 風神雷神


タぺストリーや敷物はもちろん、
包むと風神雷神が表情豊かに動き出し、
存在感を放ちます。


製品サイズ 約48cm


素材 綿100%(綿シャンタン)




風神雷神図
風神雷神はもともと千手観音の眷属神(神の使者)であり、
古き時代から尊敬されてきました。
この二神を一対とした表現は古くはインドや中国の仏教美術に見られます。
日本では鎌倉時代の木造彫刻、そして琳派の絵師をはじめとして多くの画家によって
模写模作されてきました。


なかでも建仁寺が所蔵する国宝、俵屋宗達筆の屏風絵が有名で、
風神雷神といえばこの画をイメージされる方が大多数ではないでしょうか。


緊張感のある構図、たらし込みの技法によるドラマチックな雲の表現は、
二神の激しい躍動感を、金地には豊かな奥行を生み出し、
その圧倒的な存在感から、宗達晩年の最高傑作といわれています。



Amazon.co.jp 評価一覧: 着付け小物館

みかも下駄 一本歯下駄 天狗下駄 一本下駄 桐下駄 コアトレーニング メンズ レディース Mサイズ~LLサイズ


メイン素材: 綿
素材構成: 台 桐
徳島・みかも下駄、斉藤桐材工業謹製 (親子3代続く下駄工房)
Mサイズ 約 22.5cm~24.0cm Lサイズ 約 24.5cm~26.5cm LLサイズ 約 27.0cm~28.0cm
軽くて丈夫な桐下駄は、扱いやすいので、一本歯下駄初心者の方から上級者まで幅広い年代でお楽しみいただけます。
日々のトレーニング、姿勢改善、プレゼントにも最適です。




みかも下駄 一本歯下駄 天狗下駄 一本下駄 桐下駄 コアトレーニング メンズ レディース Mサイズ~LLサイズ


ご注文生産しますのでお届けに7日~10日お時間をいただきます。
ご了承ください。


Mサイズ 約 22.5cm~24.0cm


Lサイズ 約 24.5cm~26.5cm


LLサイズ 約 27.0cm~28.0cm


※天然素材を使用した手仕上げ商品の為、写真とは木目、編目、色目が異なる場合がございます。


徳島・みかも下駄、斉藤桐材工業謹製 (親子3代続く下駄工房)


バランスを取りやすいよう考え設計された形


軽くて丈夫な桐下駄は、扱いやすいので、一本歯下駄初心者の方から上級者まで幅広い年代でお楽しみいただけます。


日々のトレーニング、姿勢改善、プレゼントにも最適です。


古くより地域に伝わる伝統産業である桐下駄の製造技術と商品に、
洋服にも映える阿波の桐下駄を企画いたしました。
ファッションに関心のある人びとにデザイン性豊かな桐下駄を。



■太古の歴史を持ち今日に伝わる下駄のその一大産地・阿波三加茂。
昭和25年当時では70軒もの製造業者が軒を連ねていたといいます。
原料不足響、洋風履物の隆盛などにより、下火となっていくのですが、
斎藤桐工業のつくる下駄はその品質の高さから皆様に愛され、
現在は県内に一軒のみの製造工場となりました。
日本一の桐下駄職人の造る下駄は確かな品質です。